運送会社の役割

  • 運送会社は日本にたくさんあります。例えば、ヒガシ21という会社は知っていますか?
    ヒガシ21は日本を代表する運送物流会社なんです。
    例えば、道路を見れば、かならず大型から小型、バイク便まで、お客さんの荷物を運ぶ車がたくさん走っています。雨の日も風の日も、
    365日24時間休むことなく、不眠不休で走っています。その中にもヒガシ21の車がたくさん走っています。
    これもすべて私たちが便利に生活できるように、ヒガシ21などの運送会社さんが真心をこめたサーヴィスを提供してくれるからです。
  • もし、運送会社がこの世から無くなったら世の中はどうなると思いますか?
    それはもうとてつもなく不便な世の中に変わってしまう、いや、さかのぼってしまいます。
    例えば、今日本の街を歩けばかならずコンビニエンスストアを見つけることができます。
    普段良く私たちも利用していますよね。ちょっと忘れ物をしたりしたらコンビニエンスストアまで
    走っていけば、24時間年中無休でやっているので、とても便利ですね。
    それに光熱費やコンサートのチケット予約など、その他のサーヴィスも今ではほとんどやってくれます。
    ヒガシ21の運送はシステムによって効率よく24時間運行されているので、滞りなくサーヴィスを楽しめます。
  • 実は、このサーヴィスの豊かさには、ヒガシ21などの運送会社があってこそということができてしまうのです。
    24時間年中無休で、いつでも店を開き続けているということは、すなわちどの時間に行っても
    店の中に商品が供給され続けなければならないということに他なりません。
    カップめんなどはもちろん、弁当やおにぎりなどの生鮮食品も常に店の棚に良い品質のまま、
    並ばせ続けなければならないという難しさがあります。
    つまり、ヒガシ21を代表とする運送会社が一日に何度も何度も商品を供給し続けてくれているからこそ、
    いつでもおいしく食事ができるのですね。仮に、一度に大量の商品を店に運んだとしても、
    スーパーマーケットはともかく、コンビニエンスストアは、バックヤード(店の商品在庫をおいておく
    倉庫の役割を果たす場所)がかなり狭いので、そのように大量に運ぶことはかなり難しいのです。
    なので、コンビニがその名前の通り「便利」であり続けるために、ヒガシ21のような運送会社は大切な役割を果たしているのです。